とうとう8月に入りました。ここ数年信太の森も散策しなくなりましたがかれこれ18年ほどまえに信太の森の一角で鉄砲百合の

群落を見つけて数十本花生けように摘み取った記憶を裏の庭のゆりを見て思い出しました。その群落は30メートルから50メートルくらいの範囲だったかと

思います。空き地みたいなところにススキなどが生い茂るような場所で初めて見た時はびっくりしました。

春先だと、信太の森のとある谷筋には自然のツツジ類の群落も見かけたことがあり、そこはもう場所など忘れてしまいました。

また阪和道の泉南方面の山を切り崩した法面にも見事な鉄砲ゆりの群落がみてとれます。

なぜそんなことを思い出したかというと秋の深い時期にゆりの枯れ茎の上には茶色い実を付けたのもがあり

それを面白いと思い集めたことがありまして、その時の種が落ちたみたいでいつからか毎年数本程度庭で咲いています。

買ってきて植えたものではないので家のは天然物だとおもっております。